FC2ブログ
 自宅の近所には水源流跡地の碑や、湧水が湧いてた窪地があったりします。
かつてはそこから小川が流れていて、この辺りの土地を潤していたようですが既に水脈が絶え、水流跡は歩道に姿を変え住宅地の間を縫っています。この様な元水路の構造物を暗渠といいます(開渠もあります)。

007_201604070004119b8.jpg
このフタが乗っかってる歩道が暗渠。

011_20160407000416a73.jpg
ここも暗渠

014_201604070004498f5.jpg
高台からの景色

016_20160407000452350.jpg
丘や谷、坂道の多い起伏のある地形。谷の部分は田圃になってます。高低差のある地形なので湧水がそこら辺から湧いてたみたいです。実際、釜と呼ばれた湧水の源泉がそこかしこにあったようです。

013_201604070004476df.jpg
池ノ上神社という小さなお社を発見。名前からしてここも水に関わるのでは。神秘的な雰囲気です。

015_20160407000450db3.jpg
池ノ上神社近くの農地にはネギ坊主達が太陽の光を浴びてます。

002_201604072020245e7.jpg

004_20160407202027ff9.jpg
榎橋という名前ですが道路です。以前はここも川だったのでしょう、擬宝珠を被った立派な欄干が物語っています。

003_20160407202026e4e.jpg
 その榎橋から続く石畳も暗渠の可能性が。
銭湯やクリーニング屋などの水を扱う商店周辺なんかも暗渠がある確率が高いです。そして民家の間のヒト1人が通れる路地や住宅地のマンホールの矢鱈多い私道(チビッコたちがチョークでお絵描きしてる様な車の通行不可な道ね。)、蛇行してる小路なんかもひょっとしたら暗渠かも知れません。

005_20160407202028d32.jpg
カニ山という名前の森と周辺の田園風景

006_201604072020305fc.jpg
野草園とホタル園、カタクリの自生地でもあります。キレイな水が流れていて木々も多いこの辺りは生態系を崩さないビオトープです。

 近所だとどうも意識もせず見過ごしてしまうのですが、見方を変えてみるとちょっとイイんじゃない、て思いました。
PCゲームやTVゲームはしませんが例えるならRPGみたいな。 
 
自転車って、細い路地や農道、あぜ道、気になる場所に気軽に入っていけます。
最近はバッグ製作の合間にランドナー出して近所の変わった所を探検するブラタモリ的な道草ポタリングがマイブームです。地味ですがこれが意外と面白い!




 
2016.04.08 / Top↑
IMG_5699.jpg

IMG_4698.jpg

IMG_1285-.jpg

IMG_7044-.jpg

IMG_7583-.jpg

5/17のデザインフェスタVol.41、無事終了致しました。
皆様からは嬉しいご感想や感嘆のお言葉を頂き、製作者冥利に尽きます。
手に取ってじっくりとご覧いただいた方、熱心に作品の説明を聞いて下さった方、お買い上げ頂いた方々…ご来店下さったすべての皆様、本当に有難うございました。また出会えることを楽しみにしています。
2015.05.22 / Top↑
International Art Event Design Festa
久々に東京ビッグサイトで開催のデザインフェスタに出展いたします。日時は5/17(日)11:00~19:00です。

P1040356.jpg

画像の作品はほんの一部、他にも多数作品をご用意いたします。
どうぞお気軽にお越しください。■ブースNo.F-140
2015.04.19 / Top↑
035_20150211184127fa9.jpg
晴れた日はスカイブルーの色が爽やかに映えます。

037_2015021118352126b.jpg
ウチのちっちゃなトトロ、ご機嫌です。

038_201502111839230ce.jpg
サイクリング行こッ、て急かします。そして気持ち良さそうに眼を細めて風を感じてるのが可愛くて仕方ありません。
2015.02.18 / Top↑
018_20140821185733cc1.jpg
盆休みに岐阜に帰ったので久しぶりに柳ヶ瀬商店街を観に行きました。

019_20140821185734a9a.jpg
シビれる佇まいの喫茶店。これからも続けてほしいものです。

021_20140821185735ee4.jpg
 うわっ、懐かしい。学ラン時代、足繁く通った聖地、ペパーミント!
確か店の名前は”シルバーハヤシ”だったような?保守的な岐阜に相反するアバンギャルドなSHOP。だけど店主はとっても優しいオバチャンでした。
 ここで買ったピストルズのガーゼシャツやROCKTシャツ、コブラのマークのペパーミントの財布で学校行ってたのを思い出します。岐阜で唯一50'Sが出来た店でして、とっても重宝してました。いや~っ、ホント懐かしいです。
残念ながら閉店してました。
 オバチャン、元気かなァ?

022.jpg
高島屋のバラの広場の隣にある味噌カツの名店、一楽本店。岐阜のジンは一度は食べてるはずです。きっと。

023_20140821185824790.jpg
シャッター街も目立ちます。時代の流れには逆らえないのかなあ。くやしいなあ。

024_2014082118581945f.jpg
単語のセンス、サイコーです。洋画ロードショーにロイヤル劇場、ロイヤルプラザ。
字体のデザイン、全て完璧です。

025_201408211858211ba.jpg
パチンコ屋脇の路地裏。アブない雰囲気満点です。ジーパン刑事が張り込んでても何ら違和感ありません。

026.jpg
う~ん、生活感丸出しの商店街、イイ感じ。

027.jpg

028_201408211858532f6.jpg

029.jpg
若者たちが頑張って創ったこのオリエンタルなアパートメントストア。小さいながらも肩を寄せ合うように雑貨屋だったりアクセサリー屋、家具屋だったり洋服屋などなど、多くのコジャレた店が集まってます。

030_20140821185912ea3.jpg
うわぁ!一杯飲りて~!

031_20140821185914f9a.jpg
たまらんて~、この昭和感。
ほれっ、こういうとこにも来んと!井之頭ゴローさん。

032_2014082118591537e.jpg
 煤けたカウンターの奥の止まり木には、競馬新聞片手のオッサンが一人、オバコ煮の小鉢をつつきながら燗をつけた鬼ころしを舐め、誰も観ていないブラウン管テレビの音声だけが狭い店内に無意味に反響しています。傍らで割烹着姿のおかみがこぼれ髪をかき上げながら小忙しく煮物の仕込みをしている情景が容易に想像できます。


柳ヶ瀬っていいトコです。
2014.08.22 / Top↑