FC2ブログ
CASCADE LOOP様より、SVEA123Rレザーケースのご注文を頂きました。
008_20161009223340955.jpg
今回製作の工程を少し披露。
(だいぶん下準備して・・)この天面部を側面と縫い合わせます。これで一体化し頑丈になります。そのあと革のパイピングテープを天面部、側面部とそれぞれ縫っていきます。

009_20161009223342da4.jpg
既に縫い合わせているところへもう1周、2周と縫います。

底面部も同じ工程で進めます。底面部は手が入りずらいので革に開けた糸穴に針を通す作業が難儀します。この面倒な工程を経て天面部、底面部、側面部をガッチリ固めます。
工程を端折る事も出来ますし効率の良い縫い方もあります、がしかしそうすると経年変化を楽しむ前に寿命が来てしまう恐れアリなのでここは手を抜きません。

IMG_3675.jpg
形が出来たら硬化剤を万遍なく塗布し革をカッチカチにします。イヤッ、適度に腰を持たせます。
そして最後にオイルを塗って完成です。

IMG_7765.jpg
あっさりな見た目ですが丈夫な作りのレザーケース。大事な123Rの保護に。

IMG_7706.jpg
使い込んで風合いが変化する、栃木サドルレザーと真鍮パーツ。

カラー
革の部分(本体)  ナチュラル、チョコ、ブラック
ファスナーテープ  アイボリー、チョコ、ブラック  の組み合わせからどうぞ。
定価¥17000

生産中止になってしまい、最早現存する個数に限りある123Rを大切にしたいものです。

このSVEA123Rレザーケース、HMcraftsman定番作品につき、何度も登場します。
ご注文はこちらのブログか、CASCADE LOOP様、Bici Termini様、Joe's MOTORCYCLE様よりお気軽にお問い合わせください。

この度はご注文頂き誠にありがとうございました。


2016.10.09 / Top↑
IMG_7284.jpg
Optimusのケースのケースで、もう何やらややこしいのですがまたこんなマニアックなモノを創ってしまいました。

IMG_5497.jpg
ファスナーを外側に縫い付けたワケは、オプティマス本体のブルーの塗装にダメージが無いように。

IMG_4186.jpg
このフィット感によりグラつきがありません。

IMG_3269.jpg

IMG_6176.jpg

IMG_1000.jpg
隣りはSVEA123Rと6年程前に製作したSVEA123R用レザーケース。

栃木サドルレザー   ナチュラル、チョコ、ブラック
ファスナーのテープ     アイボリー、チョコ、ブラック

今回のOptimus80用レザーケースはSVEA123R用ケース同様、定価¥17000です。

2015.05.11 / Top↑
 001_2014111520494075b.jpg

 この中は大切な個人の全てのデータやお金が入っています。そんな大事なウォーレットをスリや、落下防止から守る三つ編みの鹿革紐を装備。長すぎないのはバイクで走っている時、何かに引っかかったりしない為。因みにシルバーのウォーレットチェーンだと自慢のH-Dに傷がつくしネ。

  そしてこのウォーレットにはモノを多く入れないで下さい。カードを何十枚も入れるとブクブクに太ってしまいます。お札や小銭もこれ見よがしに詰め込まないでください。そのような用途の財布は他にいくらでもあります。
 膨らんだウォーレットがジーンズのポケットに差さっているとカッコいいジーンズのシルエットも崩れ、ポケットが裂けそうで痛々しく思います。
このウォーレットに私はカード類(免許証、保険証含む)は5〜6枚、小銭が少々、札も数枚しか入れません。いや、まだまだ容量はありますが私は最小限しか入れません。それで充分生活できますし安心してツーリングにも行けます。

 ほぼ毎日使用した私のウォーレット、約6年の歳月を経てナチュラルの色からこの美しいアメ色に。勿論定期的にミンクオイルを塗り、過剰なモノの収納を控えた結果です。非売品としてSide Car Charlieに展示しています。ご注文はこちらか、このブログから。


過去記事参照2012/4/15
2014.11.14 / Top↑
P1030246.jpg
私の作品は主に手縫いで製作しております。ご覧になった方々からはミシン縫いと間違われ驚かれることが多々あります。一針一針時間を要します。ご注文頂いておりますお客様にはお待たせして申し訳なく思いますが今しばらくお待ち下さい。
2014.02.07 / Top↑