上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
010_20150211182314b62.jpg
サドルバッグ(M)に続いて(L)の紹介です。

011_20150211182748993.jpg
宿泊施設利用の一、二泊程度の旅でしたらこのバッグ一つで十分イケます。

013_20150211182448443.jpg
なるべく水平になる様に創りました。

012_20150211182447575.jpg
取り出しやすいモノをサイドのポケットに携帯しましょう。

014_2015021118245045a.jpg
サドルバッグ(L)のD環(輪行時にショルダーストラップを付ける付属品)はサドルに繋げるベルトにあります。このベルトはサドルバッグ(M)のようにアルミの芯ごと通しますのでこのベルトにD環を付ければ一番バッグに負担がかかりません。(輪行中)

015_20150211182451788.jpg
 荷重を分散させる為にベルト通しは前記のサドルバッグ(M)同様こんな感じにしました。中にアルミの芯が入ってますがこのアルミ芯がバッグをはじめ、中の荷物の荷重を支えています。(走行中)

 サドルから吊り下げる以上どうしてもバッグに負荷がかかります。如何にダメージを分散させるか、または軽減させるかは今後もまだまだ課題です。

016_2015021118290658f.jpg
フラップを開けるとまたまた便利そうなポケットが。

017_20150211182908839.jpg
マップポケットがここにも、底部の保護の役目も兼ねてます。 これでまた旅の行動範囲が広がりますね。

定価¥19000
高さ140×横240×奥行220mm

次はフロントバッグを紹介します。
スポンサーサイト
2015.02.14 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。