上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
5/6、岐阜県の実家から美濃市まで自転車ツーリングに行ってきました。
ここは昔ながらの旧家が数多く残っていて、江戸時代の雰囲気を窺い知ることが出来ます。

021_20110511212511.jpg
格子の旧家とランドナーはよく似合う。

024_20110511212521.jpg
その当時の街道沿いの古い家屋というのは隣との間隔が非常に狭く、火の手が上がるとすぐに周囲に燃え広がりました。建物の二階部分をよく見ると、斜めに突き出した隣との仕切りの小さな壁があるのが分かります。それを卯建(うだつ)といい、周りの建物に火が回らないための防火壁の役割をしました。財力のある家ではこれに色々と装飾をしたり派手さを競うようになりました。

この美濃市から「うだつが上がらない」という言葉が生まれたといいます。
地位や名誉が上がらない、生活が上向かない等の意味のようですが、私は細々とでいいので小さな幸せを感じるような慎ましやかな生活が出来たらと思います。


030.jpg
後ろのなまこ壁(白と黒の網目の壁)が渋い。

031.jpg
長良川にかかる吊り橋。

033_20110511212653.jpg
母の日に、美濃市の特産品美濃和紙で出来た灯りをおふくろにプレゼントしました。ほのかな明かりが素敵です。
2011.05.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://hmcraftsman.blog136.fc2.com/tb.php/35-c4b5d285
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。